Pocket

スポンサーリンク

知識ゼロのど素人の初心者が、今からアフィリエイトに挑戦するにあたって、今回は売れるサイト運営に向けて、やっておくべき4つのことついてお伝えします。

アフィリエイトで売れるサイト運営4つの秘訣【パート1】

タイ王国センセーブ駅チットロム

1.人の悩みや願望に意識を向ける

売れるサイトにするには、日頃から人の悩みや人が望んでいる願望に目を向けて意識しておく必要があります。


商品目線ではなく、ユーザー目線であることが大切です。

人の悩みや願望を叶えることに、ひと役買って出る人物になることが有効です。

飲み会の幹事やイベントの手伝いなどして、人の心を読む訓練をしておくといいですね。

アフィリエイトプログラムの中から商品を見て、

「この商品だったら〇〇なことで悩んでいる人にきっと役に立つだろう」

という視点で記事を書いく。

記事の内容が多くの人から評価されるものであることは必須条件となります。

立場を利用者側に置いて、その立場で感じることを軸に情報発信していきましょう。

 

アフィリエイトで売れるサイト運営4つの秘訣【パート2】

タイ王国チットロム地上

2.SEOで上位表示されるコツは?

上位表示のコツは、「キーワード」「記事更新」「記事リライト」です。

需要のあるキーワードを「タイトル」や「見出し」、「記事本部中」に入れておきます。

また、記事を継続して更新しているブログは、検索エンジンの上位に上がりやすくなります。

記事更新 = 新着ニュースが届いたことと同じ意味なので、アクセスが一時的に急増します。

つまり、このように記事更新を繰り返していけば、多くの人の関心を引くことができるので、広告リンクをクリックされる確率も上がるということになります。

スポンサーリンク

その結果、稼げるサイトに育つということです。

 

売れるサイト運営4つの秘訣【パート3】

3.商品の季節感を意識してリリースする

日本の四季に合わせてアフィリエイト記事を書いていく。

よく言われるサイトの作り方です。

「商機」という需要のあるタイミングを押さえた上で、前もって行動していきます。アパレル業界は前倒しで企画していますでしょ。

基本的に言われているのが、季節ごとのイベント開催日よりも、3~4ヶ月前に記事を書いておくといいと言われています。

グーグルの検索エンジンからの評価を得られには約3ヶ月かかると言われています。

ですから記事は3ヶ月前、できれば4ヶ月前から作りましょう。

記事か評価されて上位表示されたとしても、商機が過ぎさっていたら売り上げは望めません。

商機が訪れる時期の手前で上位表示されることを意識しましょう。

 

売れるサイト運営4つの秘訣【パート4】

4.ライバルの少ない新着プログラムを紹介する

レビュー記事においては、誰もが知る有名商品ほど、ライバルサイトが記事にしていることが多いです。

なのでアフィリエイトに慣れてきたら、「ライバルが少ない新着プログラム」を積極的に扱うのも手です。

読者は薄っぺらい広告記事に嫌悪感を抱くので、必ず商品を手に入れて、自ら使ってからレビューしましょう。

その方が信憑性があり信頼関係が築けます。

くれぐれも、信頼を落とす行為は慎みましょう。

 

まとめ

  • 人の悩みや願望に意識して目を向ける
  • キーワードと記事更新が必須
  • 季節のイベントより手前から記事を書く
  • 新着プログラムを積極的に扱う

内容がうそくさくない、記事更新している、記事と商機のタイミングが合っていて、三拍子そろったサイトに育てるようにしていきましょう。

スポンサーリンク