GIVE ME UP/マイケル・フォーチュナティ

ギブミーアップ 80年代DISCO

スポンサーリンク

ズタボロな時に聴きたいハッピーソングを特集!80年代~90年代初頭の昭和から平成期のバブル時代に流行ったバブリーな名曲を紹介しています。

80年代のバブリーソング

ギブミーアップ

今回の想い出のバブリーソングは、

マイケル・フォーチュナティの

GIVE ME UP』です。

86年発表、ファースト・アルバムに収録。

ディスコ好きなら誰もが望んでいた、フィナーレでかけて欲しい、80年代No.1と言える傑作級の名曲です。

イタリアヴィラカステル出身。BOOM BOOMでお馴染みのポール・レカキスと同じイタリア系です。

この「GIVE ME UP」という曲は、キーボードが奏でるイントロメロディーがなんとも心地いいですよね。

閉店前のフィナーレに入り、フロアのボルテージが最高潮になりつつあるところでGIVE ME UPをかけてくるDJが多かったように記憶してます。

なんともニクイ演出!!

イントロが流れた瞬間、フロアの遊び人たちが一斉に歓喜の声をあげるシーンがまぶたに焼き付いてて、今でも忘れませんね。

心を踊らせ、笑顔にさせるパワーを秘めている「GIVE ME UP」は、これからも外せない元気UPソングとして聴こうと思う。

♪♪♪♪♪♪♪

おすすめスチュエーション

横浜中華街,朝陽門,青龍門

やっぱり夜の第三京浜に乗って、横浜中華街に遊びに行く時とかにいいんじゃないですかね。

テンポのいい曲ガンガン流して、中華街をめざす金曜日の夜ドラ。

もちろん、窓は全開で。

今週の疲れもスッ飛んで、元気復活しちゃうよ!

あのころ、夜の中華街によく行ってましてね。

スポンサーリンク

北京飯店の隣のビルのナントカという喫茶店で、ロシアンティー(ジャムティ)やウインナーコーヒー飲んだりしてた。

中華街の中ほどにある珈琲屋さん「ブラジル」もよく行ったなー。
まだコーヒーが苦手で、味が濃くて渋かったイメージが残ってる。

お腹が空くと裏通りにあった山東へ。あの看板メニューの水餃子が美味しかった。

その後山東は移転して、いつ行っても行列している店になったので、なかなか行けてないのが残念。

横浜中華街,山東

中華街に点在するバーも実は穴場。
ウインドジャマーや491ハウスなどで、疲れた心をリフレッシュするのもおすすめですね。雰囲気いいですしね。

たまには週末の夜、ノリのいいユーロ流して、夜の中華街までぶっ飛ばす、大人デートなんかどうでしょう。

昔なつかし今昔物語的な週末を過ごせたら、きっと楽しいでしょうね。^ ^

横浜中華街大通り

想い出のヒットナンバー

アルバム「GIVE ME UP」マイケル・フォーチュナティ

*GIVE ME UP

Michael Fortunati – Give Me Up (audio remastered by italoco)

*IN TO THE NIGHT

*ALLELUIA(ハレルヤ)

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました