Pocket

スポンサーリンク

会社から独立して個人の力で稼ぐには「受け身人間」をやめて、「人に価値を与える人間」にならなければなりません。そこで、今回は人に何かを与える人になれば成功に近づくことをお伝えします。

いつも人に情報や利益を与える人になれ

タイ王国エレファント村の親子象

端的に言うと、"プレゼントができる人になれ"ということです。

とにかく"与える側"になることです。学校では「勉強を教わる」、会社では「給料をもらう」という、どれも受け身的な立場で生きてきた感ありませんか?

この感覚だと、一生使われの立場でしか生きられませんよ。自分のビジネスで稼ぐためには、リーダーとして与える側、提供する側になる必要があります。

 

その理由は「人は奪う人よりも、与えてくれる人に好意を持つ」からです。

 

「ケチな人」「セコイ人」「気前の悪い人」「横取りする人」「謝らない人」

「態度が横柄な人」「サービス精神がない人」「親切でない人」

どれも出し惜しみする嫌われタイプでしょ?

たとえいい商品、いいサービスを持っていたとしても、こういう人間性だと人が集まって来ませんよ。

ましてやリピーターの確保は難しいでしょうね。
やっぱりお客さんというのは、必要なものをただ単に買うのではなく、どうせなら、いい人から買って、いい人と関わって気分を良くしたいのです。

スポンサーリンク

居心地とか雰囲気とか、人間の実力が購入の決め手になることが多いということを自覚してください。

好かれる人間に今から変わればいい

タイ王国エレファントライド象

副業であれ、フリーランスであれ、自分の力で稼いでいくのであれば、とにかく、人に嫌われないことが最低条件。

今日からあなたは、「私は今日から人に与える人になる」と宣言し、
人から好かれる人を目指しましょう。

人に役立つものがあれば人にプレゼントする。
プレゼントの中身というのは、もちろん、相手が喜ぶものですよ。

だだ闇雲にあげればいいというわけではありません。相手が興味がある関心のあるものを予めリサーチして贈りましょう。

値段の高い安いは関係なく、モノでも言葉でも情報でも、無料でプレゼントできるもはじゃんじゃん気軽にプレゼント♪

相手が欲している情報があれば無料で提供できる範囲で教えてあげればいいのです。相手のためになることを考えて、与えられる人間をめざしていきましょう。

まとめ

  • 今から与える人になる
  • 気前のいい人になる
  • 与え上手をめざす

インターネットビジネスでも、画面の向こう側には人がいます。自分が持っているものの中で、与えることができるものがあれば、惜しみなく提供しましょう。それがきっかけとなって気分を良くしてくれて、ファンになってくれるかもしれません。ファンに支持されるようなビジネスライフを送ってください。

スポンサーリンク

著者

バブロー

横浜で複数ワークしています。気が向いたら吉日とばかりに、ふらっと南国リゾート地に出かけて、プールサイドで非日常を満喫するのが好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です