Pocket

スポンサーリンク

資産型ブログを構築してGoogleアドセンス収入を得るために、今回はアドセンス審査に通過するための「記事の書き方9つの秘訣」をお伝えします。

アドセンス審査に通過する記事の書き方9つの秘訣とは?

タイ王国バンコクのモデル撮影会シーン

1.タイトルの左からキーワードを入れて、何が書かれている記事なのか一目でわかるように書いていく。

先頭から早めにキーワードを入れてタイトルを作るクセをつけていきましょう。キーワードはキャッチコピーとも言えますので、早めにキーワードがあれば目にとまりやすくなります。

2.本文初めに何が書かれている記事なのかが分かるように、検索者の「質問」と「その答え」が書いてあることを説明をする前ふりをしっかり書いていく

いわゆる導入文です。カンタンにざっと内容が分かるように書いておくと、読者が読むべきかどうか判断しやすくなります。

3.見出しがある見やすい記事構成とし、記事タイトルは〈h1〉、大見出しは〈h2〉、中見出しは〈h3〉、小見出しは〈h4〉で書いていく。(まれにテーマによって違いがあるので確認要です)

〈H〉タグで見やすく整理された文書構成は読み手にとって読みやすいだけでなく、グーグルクローラーにとっても分かりやすいので、SEO的にも優位になるようです。

4.スマホでも見やすく読めるように、こまめに改行をに入れるように意識して書いていく。

一つの文は長々と続けて書かずに「。」を入れて短めに文を区切ると読みやすいばかりでなく、見やすくなります。改行のスペースも適度に短く長くと抑揚をつけたりすると流し読みする人には心地よくなります。

スポンサーリンク

5.写真やイラストなどを適度にに挿入して、単調にならないように書いていく。

ブログのテーマに合った画像がいいと言われますが、とりあえず何かしらの画像を入れておくと読み手も気分転換になり、滞在時間が長くなる傾向があります。

6.読者がサラサラ読みでも読めるように、要点の箇所を「太字」や「マーカー下線」、「赤文字」などカラー装飾などを入れて書いていく。

太字とカラー文字、アンダーラインだけ読めば、その記事の内容がつかめるのが理想的です。電車の中でも雑に読んでも理解できるようにしておくと、多忙な人にとってありがたく感じてもらえます。

7.要点、ポイントなどは箇条書きにして、スッキリ見やすく分かりやすく書いていく。

結局のところ、情報収集は要点が知りたいわけなので、箇条書きと文字装飾で要点を見つけやすくしておくと親切です。カラー文字は多くても3色までにしてくださいね。

8.引用したサイトや関連するサイトなど、読者が参考になるサイトへのリンクを貼って書いていく。

読んでいて気になったことがあればすぐに知りたくなるものです。なので、記事に登場した関連リンクを貼っておくと親切ですし喜ばれます。

9.アフィリエイトリンクがある場合は、必要最低限を意識して、控えめにテキストでリンクを貼っておく。

広告宣伝丸出しのウリウリ感は好まれませんので、さりげなくお知らせする程度にしておきましょう。あくまでもアドセンス広告のブログサイトということをお忘れなく!

まとめ

いま一度ご自身のブログ記事を読み返してみてください。記事はどんどん書き進めてもらって、途中リライト(記事修正)を繰り返しながら、より読者に読みやすく、読みやすく、そして、より役立つコンテンツを提供を心がけていきましょう。

スポンサーリンク

著者

バブロー

横浜で複数ワークしています。気が向いたら吉日とばかりに、ふらっと南国リゾート地に出かけて、プールサイドで非日常を満喫するのが好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です