Pocket

スポンサーリンク

株の初心者がゼロから始めるにあたり、今回は初歩の初歩的なテクニカル短期売買法についてお伝えします。

株式投資テクニカル売買とは?

タイ王国北部地方の黄金の釈迦像テクニカル売買とは、株価推移を表したチャートを使ってタイミングを見計らって売買する方法のことです。

とりわけ、短期間の値動きで儲けを狙うなら、ローソク足とテクニカルチャートを使ってやるやり方がオススメです。

株の値動きは大きく分けると3つのパターンがあって、上がるか下がるか、そして横ばいかに分けられます。

株価の値動きというものは、実は、『神のみぞ知る領域』であって、誰にもわからないというのが相場の世界では常識です。

なので私たちが株で儲けるためには、ある一定期間に区切って、株価の動く傾向(トレンド)を掴み取って、その部分で儲けるやり方が確率的に高くなる方法です。

ただしこれは短期間の値動きでキャピタルゲイン(購入価格と売却価格の差による収益)を狙う場合に限ったやり方ですので、誤解のないようにしてください。

株価の値動きの傾向、つまり、「トレンドがどれくらい続くのか」というところを抑えて、儲けることを考えましょう。

 

狙い場所は流れが変わったところ

トレンドは過去のチャートを見て、「どこで流れが変わったかという視点で目で追っていくと、変化するところが見えてきます。

株価というのは、上昇と下落を繰り返しながら動いているのがわかるかと思います。上昇している期間と下落している期間は、過去のデータから読み解くと、だいたい3日ないし4日という傾向が出ています。

そこで、私がおすすめするテクニカルチャートを使った短期売買法を紹介します。

それはトレンドが続く期間を3日ないし4日を一区切りと想定し、この期間内の値幅を獲るやり方です。大きな値幅を獲るやり方ではなく、短い期間で少ない値幅を確実に仕留める方法です。

スポンサーリンク

トレンドが続くと読んでも100%は勝てませんよ。そんなに単純ではありませんよ。なのでロスをなくすために、より確からしい形が出現した時だけに絞って、資金を投入してください。

狙うタイミングがわかったあとは、自分との戦いです。理想的ないい形が出るまで、じっと耐えられるかどうかです。

儲けたい気持ちが強く出ていると、余計なところで仕掛けてしまい売買回数は多くの儲けマイナスとなります。

実は、株のネット取引というのはゲーム感覚でやれてしまうため、ギャンブル的な中毒性がある取引方法なんです。

ですから、冷静な心理コントロールが不可欠になってきます。

いかに好機が出るまで冷静に待てる心理状態でいられるかによって、勝ち組に入れるどうかが決まります。

欲張りな気持ちを捨て、冷静に合理的な行動をしましょう。

 

チャートはどれを使えばいいのか?

チャートは「一目均衡表」と「移動平均線」のどちらか、または、両方使います。

そもそも大きな値幅を狙っていかないので、移動平均線の短期線を見てタイミングを計りましょう。

基本的に、トレンド発生はローソク足の出方を見て判断し、移動平均線は出口のタイミングとして使います。

早めに入って、早めに出る

これがテクニカルチャートを使って儲ける秘訣です。疑心暗鬼の中に財宝が眠っている。あなたも過去のチャートを振り返って研究してみてください。きっと自分流のやり方を発見できると思います。

 

まとめ

  • 流れが変わったところでエントリーとエグジットする
  • チャートは一目均衡表と移動平均線(平滑)
  • 早めに入って、早めに出て利益確定する

欲張ると痛い目にあいます。心を冷静に客観視して株式投資を行ってください。

自分に起こるすべての事象に対して自己責任の自覚が確立されていない人は投資をしてはいけません。また、現物株での取引での損失は投資資金で済みますが、その他のレバレッジ取引においては、投資資金以上の損失の可能性が生じますので、想定リスクの範囲をしっかり計算し確認の上で投資活動を行うようにしてください。守りの視点に立って、負けを想定したうえで投資をするようにしてください。投資にも技術が必要ですので自己研鑽を十分したうえで株式投資に挑んでください。

スポンサーリンク