Pocket

スポンサーリンク

おすすめビジネス本の書評

ジョージ・S・クレイソン著 [キングベア出版]

「The Richest Man in Babylon」の日本語版

バビロンの大富豪』です。

『バビロンの大富豪』という本は、初めから最後まで退屈することなく読める、実に面白くてためになる本です。

名著『バビロンの大富豪』は、富の基本原則となる、富を得る知恵を授けてくれる、本当に優れた本です。

自己啓発系の本といえば小難しい印象ですが、このバビロンの大富豪という本は、「奴隷という身分から、"知恵と努力と勇気"を使って大富豪になった人のサクセスストーリー」の内容になっているので、なんと、読んでいて癒されるのです。

はるか遠い昔に栄えた古代バビロンより伝わる人生成功物語が、歴史ストーリー調に展開していきます。

読んでいくと、頭の中に場面場面の映像がくっきりと浮かんできます。

スポンサーリンク

まるで映画を見ているかのような錯覚に陥り、読めば読むほど物語の世界に引き込まれてしまうという、強い魔力さえ感じさせるほど魅力的な内容となっています。

マインドセット系の自己啓発本とは違って、具体的なお金の使い方、お金の運用の仕方といった、「お金の動かし方」について、とてもわかりやすく説明してくれています。

現代版で言えば、金持ち父さんシリーズの本に近い、資産運用系の元祖と言えるかもしれませんね。

あなたがまだ「バビロンの大富豪」を読んでいないのであれば、一度でいいので、この本は読んでおいて損はないですよ。

コツコツ系の人も、一発逆転系の人も、これから資産を築いていきたいと考えている起業家、投資家志望の人は必読書としておすすめします。

資産家が代々子孫に受け継いでいくであろう、至宝の名著であることをお伝えしておきます。

スポンサーリンク

著者

バブロー

横浜で複数ワークしています。気が向いたら吉日とばかりに、ふらっと南国リゾート地に出かけて、プールサイドで非日常を満喫するのが好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です